チャットレディをこれからやってみたい人のために

チャットレディの始め方

チャットレディをやってみたいけどどうやってやったらいいのかわからない…、チャットレディは副業にいいって言うけどなんか怖い…。

チャットレディの仕事は世間的にはアングラな印象を持たれている人が多いので、どこからどうやって登録したらいいのか、あやしくないのか、ほんとに振り込まれるのかを疑問視している人はいるのではないでしょうか。

そういった初めてチャットレディをやってみようという人のために、当ページではチャットレディの登録から稼働までを徹底的に解説していきたいと思います!!

毎月100万円以上を安定的に稼ぎ出してしまうチャットレディの違いや、チャットレディの禁忌やルールなども解説しています。

チャットレディに必要なものはスマホやパソコンだけ?

最初に、チャットレディとして稼働するために必要なものを紹介します!

チャットレディに必ず必要な機器は、スマホチャットレディしかやらないのであればスマホ一台のみ、パソコンもやるのであればウェブカメラやヘッドセットが必要です。

チャットルームに通勤するタイプの通勤チャットレディの場合は、何一つ用意せずに働くことができますが、在宅チャットレディで家で働くときは、すべて自分で用意する必要があります。

ですが、ウェブカメラについてはレンタルしているチャットサイトなどもあるので、最初はレンタルしてみてもいいと思います。パソコンもレンタルしている店舗が少ないですがあります。

通勤チャットレディの場合は、ヘッドセットやパソコンなど意外にも、ウィッグなども取りそろえているので、なにももっていかなくても着の身着のままでチャットレディとして稼働しにいって楽々稼ぐことができちゃいます。

チャットレディは自分を映しながらする仕事

チャットレディの仕事内容は、スマホやパソコンで自分の顔や上半身を配信しながら男性ユーザーとチャットや会話やテレビ電話などをしてやりとりする仕事です。

チャットレディの給料というのは、男性会員がチャットで消費してくれたポイントに応じて支払われるので、なるべく長い時間音声電話やチャットなどをすると稼げる仕組みになっています。

少し前までは、コールセンターの女性みたいに、ウェブカメラとヘッドセットで、男性とチャットを楽しむというパターンが当たり前でした。

最近ではスマホが爆発的に普及したことにより、スマホ一台でテレビ電話などをして、何十万も稼いでいる女性もいるくらいです♪

チャトレとしてのお仕事をするときは、ライブチャットに直接チャットレディとして登録して稼働する方法と、代理店に登録してそこを経由して各チャットサイトで稼働する方法があります。

ライブチャットに直接契約して働く方法と、仲介業者を経由する方法にはどちらにもいい点と悪い点があります。

代理店契約の場合は、直接チャットレディを募集していないサイトにも登録出来るという点が最大の強みといえるでしょう。

チャットレディは代理店で契約すると、女性スタッフにノウハウや、初心者の人であれば、わからないことはすぐその場で聞けたりと、いろいろなメリットがあります。

歩合制で報酬が決まる

チャットレディの仕事は完全に歩合制となっています。固定給はなく、自分でやった分がすべて自分の利益になります。

完全歩合制というのは天井なしで稼げるメリットがありますが、逆にどれだけ待機していても男性がチャットしてくれなかったらゼロ円ということにもなってしまうというデメリットがあります。

テレビ電話や音声通話をしたときの報酬率というのは、勤務体系などで違ってくるので、注意が必要です。

チャットサイトは、日払いで支払ってくれるところもあるので、日払いがいいという人は、そういうサイトに登録しましょう!

アダルトジャンルの方が稼げるので、とくにこだわりがない人はアダルトジャンルで挑戦してみた方がいいでしょう。

さらに、アダルトカテゴリーというのは、男性ユーザーの登録者数が圧倒的に多いので、チャットしてくれやすい傾向があって、そういった面でも稼ぎやすいですね。

収入面だけで言うと、ノンアダルトよりもアダルトの方がダントツで稼ぎやすいです。

また、通勤体系によっても報酬率が変わってきます。在宅チャットレディの方が1,2割くらい高く設定されています。

通勤チャットレディの方が報酬率が1,2割くらい低くなっているのは、チャットルームに使われている人件費や賃貸料や光熱費や電子機器類の費用などがかかってしまうからです。

また、報酬比率によって優良な代理店かどうかを見極めるラインというものがありますが、それは、在宅チャットレディの取り分が40パーセント以上あるかどうかです。40パーセントを下回っているところはおすすめできません。

在宅チャトレでも通勤チャトレでも働ける

チャットレディは在宅で家の中でも、チャットルームへの出勤という通勤という形でもどちらでも働くことができます。

在宅チャットレディというのは、チャットサイトと直接契約する方式である、直接契約方式と、代理店と契約する方式の両方で稼働出来ますが、通勤チャットレディというのは、代理店が運営しているチャット専用事務所に通勤するという形なので、代理店契約をしたときだけしか使うことができません。

通勤チャットレディというのは、チャットルームの賃貸料や光熱費や機材などの費用がかかってしまうので、どうしても在宅チャットレディよりも報酬率が低くなっていまいがちです。

家族の目が気になってチャットレディができない人や、どこかに出かけたついでや仕事帰りにサクッとチャットルームで副業をしたいという人には、報酬率がたとえ在宅より低かったとしてもその利便性にはかないませんよね。

チャットサイトのチャット形式には二つのパターンがあります。ツーショットチャットというのはその名前の通り、チャットレディの女性と男性客が一対一で会話する方式です。反対にパーティーチャットというものは、チャットレディの女性が一人に対して、男性客がたくさんいる形式です。

さらに、2ショットチャットの中にも細分化されて、男性も自分の姿を見せる形が、双方向チャットと呼ばれています。

双方向チャットというのは、ツーショットチャットよりも高いポイントを消費するので、お気に入りの女性にしか使わないと思います。

他には、パーティーチャットというのは男性側の参加者が無制限になっているので、会話にはいらずにずっとのぞいているだけという男性客もいます。

チャットレディは確定申告が必要?

チャットレディをやっている人全員というわけではありませんが、チャットレディという収入を得ている以上、確定申告が必要になる場合があります。

確定申告というのは、毎年2月から始まる、所得税がいくら払えばいいのかを計算する手続きのことです。

サラリーマンやアルバイトやパートの人は、年末調整という形で会社がやってくれますが、チャットレディの場合は自営業に当たるので、自分で計算して手続きして税金を納めなければなりません。

次の報酬以上の収入があったときは、確定申告が必要になります。どこにもつとめていない人が年間38万円以上、どこかにつとめていて副業として20万円以上あった場合。

チャットレディ専業でやっている人の場合は、年間の報酬額に対して基礎控除額が38万円あるので、38万円以内であれば確定申告する必要はありません。

サラリーマンやパートやアルバイトなどをしている場合は、給与所得控除などがあるので、20万円までとなっています。

ですが、確定申告で納税する金額は稼いだ金額からチャットレディをやるためにかかった費用を差し引いた金額からさらに基礎控除を引いた金額になります。

チャットレディにかかった費用はできるだけ計上することにより、課税額がさがるので、なるべく計上するようにしましょう。

家族の扶養に入っているときなどは、扶養を超えない範囲で稼ぐことが一番お得になると思います。

チャットレディは業務を委託されている立場

チャトレという仕事は、チャットサイトにも、チャットレディ代理店にも雇用されているという形ではありません。

チャットレディというのは、業務委託という形なので、業務形態的に言うと、個人事業主という形になります。

なので、ライブチャットから支払われる給料は、給与ではなく報酬と呼ばれていますし、一般的な雇用関係だったら発生する源泉徴収というものもありません。

源泉徴収がないのが基本にもかかわらず、チャットサイトからの振り込みで源泉を引かれているというレビューもあります。

チャットレディの契約書類の中にそういった記述があるのであればまだわかりますが、基本的に源泉が引かれているというのは業務形態という形からしておかしな話です。

以上のような理由から、報酬明細からなにかの金額が引かれていたりしたら、源泉なのかどうか確認してみましょう。

登録するときに気をつけることとは

容姿は関係ない

チャットレディの最大のメリットとして、見た目関係なくすべての人が平等に働けるということです。対面で商売しなければいけない水商売であるキャバクラなどは見た目がとくに大切で、見た目に自信がない人は面接で落とされてしまったり、思うように稼げなかったりという壁が立ちはだかりますよね。

ほとんどすべての女性が女性であると言うだけでチャットレディとして働けるのです。未成年の女性は年齢的なものがありますが、それ以外の人であれば、女性であれば誰でも登録可能です。

チャトレは未成年ではできない

チャットレディというのは風営法にかかる商売なので、18歳未満の女性は登録して稼働することができないのです。

こういった法律があるので、登録時には身分証明書が必要なのです。

大手の優良チャットサイトに登録するときには、流出や悪用などの心配はありませんので、安心して登録してください。

優良な大手サイトは個人情報の取り扱いに厳しいので、セキュリティーが漏れるなんてリスクはないと思いますし、今までそういったことは起きていません。

ライブチャットサイトが営業停止に追い込まれたりすることもあるので、昨今の個人情報保護の観点が強くなっている傾向から、セキュリティ対策は厳重になされているということです。

登録方法から働き始めまで

問い合わせから仕事するまでの流れ

1,チャットサイトの登録フォームなどに登録

2,オンラインで面接か代理店で面接

3,免許証や保険証などを提出

4,18歳以上の確認で登録完了

5,プロフィールを設定する

チャットレディは家で完結できる!

1,チャットレディ登録フォームを使う

2,免許証などをアップロードする

3,身分証のチェックが終わったら登録完了

4,ライブチャットサイトによってはカメラテストあり

5,プロフィールなどを入力して稼働

チャトレ代理店の登録方法

チャットレディには通勤と在宅がありますが、通勤の場合はライブチャットサイトそのものに登録するよりも代理店に登録しなければなりません。

通勤チャットレディとして登録するときは代理店に登録しないといけませんが、登録方法はあまり変わりません。

1,自己prなどを決める

2,入力欄をすべて埋めて登録完了

3,代理店からIDとパスワードが送られてくる

4,自分のページにログインする

5,プロフィールの細かいところを埋める

6,サムネイル画像を設定する

在宅チャットレディの場合はこれらの登録方法を自分で実践する必要があります。

通勤チャットレディの場合は、チャットルームにいるスタッフに稼ぎ方のノウハウやプロフィールの効果的な書き方などを教えてもらえます。

大手のところなどは、写真の撮り方からプロフィールの設定まですべてスタッフがやってくれるところもあるくらいです。

チャットレディは実は簡単!

このページでは、これからチャトレに登録して稼働しようと思っている人のために、登録の仕方から、稼ぎやすくなるノウハウから、メリットやデメリットや、確定申告や報酬率や給料体系について解説してきました。

チャットレディというのはメリットが盛りだくさんで、日本のどこにいても副業として稼ぐことができますし、30代でも40代でも自宅にいながらサクッと簡単に稼ぐことが可能な職業です。

チャットレディでとくに稼ぎやすいのは、在宅チャットレディでアダルトジャンルでツーショットチャットをしてくれる男性を見つけることです。

当サイトでは、チャットレディの登録方法や初心者向けの人だけではなく、ベテランの人向けの稼ぐテクニックについての記事も書いているので、是非参考にしてみてください。

↑ PAGE TOP