チャットレディがなぜ副業におすすめなのか

昼間本業で働いている女性は副業チャトレがおすすめ

このページでは、チャットレディは女性のお仕事としてとてもメリットが多いと言うことについて解説していきたいと思います。

最近は全体的に副業をやっている人口が増えていますが、女性も副業を探したり実際にやったりしている人が増えています。株式投資やアフィリエイトなどが代表的なものではないでしょうか。

暗号通貨とか仮想通貨なんて呼ばれているものもありますが、あれは投機に近い投資商品なので、生半可な気持ちで手を出すと大やけどしてしまう可能性もあるので、あまり素人は近寄らない方がいいですよね。

他に代表的な女性ができる副業としては、ポイントサイトだったり、雑貨を組み立てる内職だったりがありますが、時給が300円くらいになるので、やる気になりませんよね。

内職とか投資とかデータ入力とかと比べたときにチャットレディのメリットというのは果てしなく高いと思います。

昼間にOLなどをやっている女性にとって、チャットレディという働き方は副業に最適だと思います。

つい一昔前までは副業禁止の会社がほとんどを占めていましたが、最近では企業側が給料を上げられない分、副業を解禁しているようですが、依然として副業を禁じている会社も多数見受けられます。

副業としての収入がほしいけど、会社にばれるのはまずいという女性は多いのではないでしょうか。そのための対策を解説しているのでぜひ読んで実践してみてください。

チャットレディはなぜ副業に向いているのか?

チャットレディは難しいことが何一つない

チャットレディは女性なら誰にでもできます。パソコンが苦手な人でもスマホ一台でもできますし、パソコンで仮にやるとしても超簡単な操作しかありません。

チャトレとしての仕事は簡単操作で開始出来ます。まずチャットサイトにログインしいます。次に開始ボタンを押すと自動的に待機状態になって、男性ユーザーの画面に待機中の女性一覧として表示されます。その状態で男性からのチャットやメールをまっているとログインしてくれてチャットがはじまります。チャットが終わったら終了ボタンをタップかクリックすると終了出来ます。

以上のような楽なステップで、チャットレディの仕事をこなすことができるので、どれだけパソコンや機械が苦手といった人でも楽々お仕事できちゃいます!

通勤チャットレディとして代理店に登録した場合は、チャットルームを使って、常駐スタッフにわからないことを何でも聞けるのでもっと簡単にお仕事出来ます。

即金でもらえる

今月は急な出費で給料が足りない…、日払いの仕事がしたい…、もっとお金を稼ぎたい…などなど、いろんなお金の悩みがありますよね。

なぜ皆さんはそもそもチャットレディをやってみようと思ったのでしょうか。即金がほしかったり、現在の昼の仕事の給料が安かったりしたからだと思います。

ライブチャットというのは、大手の優良な有名どころだけではなく、どこのサイトも日払いに対応しているくらいです。

チャットルームに通勤チャットレディとして通っている人は、その日に稼いだ報酬額を現金で日払いでもらえるところが多いです。

一日分の報酬がその日のうちに現金でもらえるなんてこんな画期的なバイトは、お金にピンチな人にとっては救世主といってもいいでしょう。

サポートスタッフに稼ぎ方まで教えてもらえる

ライブチャットのサポートにいる女性に問い合わせるとなんでも答えてくれます。些細な疑問点やサイトにログイン出来ないとかささいなことでも教えてもらえます。

在宅チャトレの場合はサポートデスクに聞いて教えてもらえますが、通勤の場合はその場でリアルタイムに教えてもらえるので即効性があり、疑問などはすぐに解決出来ます。

在宅チャトレの場合は有名どころの超優良サイトであれば、サポートの人数も多いので、疑問点を投げかけたときはすぐ教えてもらえます。

チャットレディの代理店というのは、チャットレディが稼いでくれればくれるほど、自分たちも稼げる立場にあるので、チャットレディを稼がせようと必死になっていろいろやってくれます。たとえばプロフィールを男性客がチャットしたくなるように考えてくれたり、トップ画像をいいものに変えてくれたりなどです。

登録費や維持費などが必要ない

チャットレディのメリットの一つに、始めるに当たって何らかの費用が全く必要ないというところです。たとえば、株やFXをやるにしても投資資金が必要ですし、転売やアフィリエイトをするにも最初の投資資金が必要になってきます。チャットレディは体一つでできるんです♪

通勤チャットレディだったらパソコンやウェブカメラやヘッドセットなどの料金もかかりませんし、自宅でやるにしてもパソコンがあればそれはそれでいいですが、パソコンがなくてもスマホ一台で働くことができます。

もちろんライブチャットサイトへのチャットレディとしての登録は無料ですし、代理店への登録も無料で登録可能です。

チャットレディ代理店にはチャットルームというチャットをする専用の事務所が用意されていますが、そこにはウィッグや衣装なども無料で貸し出しをしているので、ほんとにすべてが無料でお仕事が可能になっています。

直接会わないから触られない

チャットレディが女性の副業として最適なことの一つに、実際に男性と会う必要がないというところです。実際に会うかどうかで精神的な負担というものがだいぶ軽減されると思います。

キャバクラみたいなアルコールも必要としませんし、風俗みたいな濃厚な接客も必要としません。バーチャル空間で楽しくおしゃべりしているだけでお金になるので、副業としては最高レベルといっても過言ではないのでしょうか。

いつでも副業出来る!

チャットレディはライブチャットが存在している限りいつでも働くことが可能です!24時間チャットサイトはやっているので、もちろん男性客の入りは少なくなるかもしれませんが、いつでも稼働可能なんです。

スマホやパソコンがあって、ネットに接続さえすれば、いつでもだけじゃなく、どこでも働くことが可能になります。

通勤チャットレディをたまにはやってみることにより、新鮮な気分を味わったりもできると思います。

顔バレするリスクはある?

チャットレディをやっていてどうしても気になるのは、身近な人にチャトレをやっていることがバレるのではないかということですよね。

チャットレディをやっていて、顔バレしたくない理由にはさまざまなものがあると思います。会社が副業を禁止しているとかです。

顔バレを完全に防ぐことはできませんが、限りなく小さくすることは可能なので、当サイトの顔バレしないようにするテクニックの記事をお読みください。

本業の会社に副業がばれないか?

チャットレディは副業にぴったりのお仕事ですが、副業を禁止している会社にばれてしまうのではないかという心配を抱いている人はいると思います。

チャットレディなどの副業が、本業の会社にばれやすい原因は、ずばり年末調整です!会社側で自動的にやってくれる年末調整で住民税が不自然になってしまうと副業がバレやすいと言われています。

本業をやっている会社というのは、個人個人に給料を支払った場合は、その従業員が住んでいる自治体に対して、いくら払ったかという報告書を提出することが義務づけられています。

本業以外にも副業で働いていたら、そこの副業の会社から、その従業員が住んでいる市町村に支払い報告書の提出が義務づけられています。

給与支払い報告書が送られてきた、自治体というのは給料の合計金額を計算して、それに応じた税額を一つの会社へ送付します。

住民税額の通知書というのは、基本的には一番給与支払額が多い会社へと送られるようになっています。副業で本業の収入を上回らない限り、住民税の通知書というのは、本業の会社へ送られてしまいます。

本業の会社では自分の会社から支払った給料から住民税がどれくらいになるかをわかっているので、市町村から送られてきた住民税と開きがあったら、副業がバレてしまう可能性があります。

ですが、会社にばれないようにする方法も当然あります。それは特別徴収ではなく、普通徴収として住民税を納める場合です。

自分が所属している本業の会社に副業がばれないようにするには、チャットレディなどの副業で得た報酬の住民税を自分で納めればいいのです。

普通徴収を選択して納めれば、本業をやっている会社に住民税の合算した額というのがバレることはありません。

住民税のみになる金額とは

本業をやっていて副業で得た収入は、20万円以下であれば確定申告が不要という情報がありますが、これは国に対する所得税です。

自分が住んでいる市町村に納める住民税というのはチャットレディでの年間の収入が20万円を超えなくても、支払う必要があります。

住民税は確定申告の際に、自分の自治体にチャットレディなどの副業で得た収入を普通徴収で申告することにより自分で納税することができます。

1年間の所得が20万円以上は普通徴収

チャットレディなどの副業で一年間に20万円以上収入があった場合は、確定申告をするときに普通徴収にするだけで会社に副業がばれません。

2月から3月に行われている確定申告の時期に、自分の副収入の申告をすることにより、自治体から自分に直接住民税額の通知書を送ってもらうことができます。

チャットレディなどの副収入を自分で確定申告することにより、自治体から会社を通さずに直接納税通知書が送られてくるので、自分で一年分の住民税を納めることが可能です。

普通徴収が認められないとき

あなたが住んでいる市町村によっては、住民税を普通徴収で納めることができないところもありますが、実はこれはチャットレディにはあてはまりません。

チャットレディというのは、他のバイトなどとは一線を画す職業で、ライブチャットサイトや代理店などの会社と雇用関係があるわけではないのです。

チャットレディがチャット会社や代理店からもらっているお金というのは、給与という形ではありません。報酬という形なので、普通徴収ができない給与所得ではないのです。

市町村によっては、チャットレディの報酬が給与でないとしてもすべて特別徴収にするべきだと考えている自治体もあります。

毎年の確定申告の際に普通徴収の項目に設定したのにもかかわらず、特別徴収で住民税の納付が来たというパターンもあるので、自治体に確認しておいた方がいいでしょう。

ここまでで、女性の副業としてチャットレディがどれだけメリットが多いかと言うことと住民税や確定申告で会社にばれない方法などを解説してきました。

チャットレディが副業で、本業の会社にばれずに稼ぎ続けていきたいというひとは、ぜひ当ページの知識を活用して、うまいこと会社にばれずにチャットレディとして活躍していきましょう!

↑ PAGE TOP